精神科急性期治療病棟の作業療法

精神科急性期治療病棟の作業療法の内容のご案内

急性期治療病棟作業療法の役割

症状による不安定な状態から少しでも早く脱すことができるよう回復への援助を行います。
また、現実生活に戻る準備のためのサポートを行います。

精神科急性期治療病棟のプログラム

パラレル(創作活動)

目的:創作活動などの作業を通して、気分の安定や日中の活動性の向上などを目的としています。

内容:手工芸、音楽鑑賞、読書、楽器演奏、日光浴などの活動が中心となっています。活動の目標を話し合い、目標を達成するために作業療法士が個別で関わります。

 

茶話会

目的:入院時の不安が少しでも和らぐよう、美味しいお茶を飲みホッとできる時間としています。

内容:病棟ホールでお茶を飲みながら、ゆっくり過ごします。

SST(生活技能訓練)

目的:主に対人関係におけるストレス対処スキルを身につけることを目的としています。

内容:ロールプレイ(練習)、ホームワーク(宿題)、振り返りを行い、より良い対人関係を築いていくためのトレーニングを行います。

デイケア合同プログラム(スポーツ)

目的:運動によって、精神的・身体的機能を高めます。集団での活動により、周りの方への配慮など社会的なスキルの向上へ繋がることを目的とします。

内容:当院デイケア利用者と一緒に体育館にて、グランドゴルフやソフトバレーボール、バトミントンなどのスポーツを行います。

スポーツの会

目的:普段、あまり外出できていな方を対象に外に出て社会と触れる機会、外で体を動かし気持ち良いと感じられる機会としています。

内容:主に車でビーチまで行き、ウォーキングやキャッチボール、サッカーなどを行っています。

さんぴん会(心理教育)

目的:疾病教育を行い、治療に対する主体的な意識を高めていきます。

内容:医師、看護師、薬剤師、作業療法士、精神保健福祉士、栄養士、歯科衛生士、当事者による疾病教育となっています。退院後をイメージし、再発防止に向けた必要な知識を学びます。

 

ちゃんぷる会(ストレッチ)

目的:運動によって、精神的・身体的な機能を高めていきます。

内容:ストレッチやリラクゼーション法を中心に行っています。

WRAP(元気回復行動プラン)

目的:毎日を元気に自分らしく過ごすための方法を見つけていくことを目的とします。

内容:元気で過ごすための日々の行動プラン、また、気分がすぐれない時にどうすれば元気を取り戻していけるかといったプランを作っていきます。

CBT 認知行動療法

目的:ストレス対処スキルを身につけること、ストレスに強くなることを目的とします。

内容:自身の考え方のクセを知り、考え方の幅・行動の幅を広げるための方法を学び実践してみます。

統合失調症の勉強会

目的:統合失調症についてより詳しく学び、治療に対する主体的な意識を高めていきます。

内容:統合失調症とは?主な症状、調子を崩すかもしれない注意サインと対処法、薬についてといった内容で行い、病気や症状と上手に付き合っていくための方法を学びます。


入院のご相談・ご質問はお気軽にご連絡ください。
098-886-5567
受付時間:月〜金 8:30 – 17:30
— ご相談内容の秘密は厳守致します —

精神科急性期治療病棟の詳細はこちら