回復期リハビリ病棟

回復期リハビリ病棟のご案内

リハビリ職員に加え、多くの専門職種(医師、看護師、介護士、歯科衛生士、栄養士、ソーシャルワーカーなど)でチームを組んで集中的なリハビリテーションを実施し、心身ともに回復した状態で自宅や社会へ戻っていただくことを目的とした病棟です。

  • 脳血管疾患または大腿骨頚部骨折、脊髄損傷などの病気で急性期を脱しても、まだ医学的・社会的・心理的なサポートが必要な方の診療を行います。

病棟の特色・特徴

  • 患者さまの状態に合わせてPT(理学療法士)、OT(作業療法士)、ST(言語聴覚士)職員による専門的なリハビリを提供しています。
  • 365日、リハビリを提供し早期自宅退院を目指します。
理学療法
作業療法
言語療法
  • 入院部屋のフロアに、リハビリ室や看護ステーションがあることで、患者さまの運動時の体調管理を、医師や看護師、リハビリ職員が連携して行えるため、安心してリハビリが実施できます。
  • 病棟生活の中でも自宅での生活を見据えた環境設定を行っています。
    (私服の推奨、ベットからの離床促進、リハビリ用畳室の設置など)


    ●屋外歩行訓練

    ●交通機関の利用訓練
  • 積極的な自宅訓練を実施しています。
    自宅訓練で新たな課題となったことに対し、更なる訓練を行い、スムーズな自宅退院へつなげていきます。
    (入院後1週間以内は必須、その後は状況に応じて自宅での訓練を実施)

  • 必要に応じて精神科医師との相談が可能です。
  • キリスト教精神のもとスピリチュアルケア(霊的ケア)を御希望の方は、牧師による相談を行っております。

●入院〜退院の流れ

高齢者の場合、入院期間が長くなると認知症症状が出現したり、悪化したりなどの弊害が見られることがあります。当院ではその様な弊害が現れないよう早期の自宅退院を推奨しています。住み慣れた自宅・地域へ退院できるよう職員一同誠心誠意を持ってサポートさせていただきます。

施設マップ

回復期リハビリ病棟はB棟3階になります。


入院のご相談・ご質問はお気軽にご連絡ください。
098-886-5567
受付時間:月〜金 9:00 – 17:00