精神科急性期治療病棟

精神科急性期治療病棟のご案内

統合失調症や、うつ、躁鬱(そううつ)病の急性症状を伴う方の保護と治療を行う病棟です。濃厚かつ集中的な薬物療法、精神療法と精神科的ケアが行われます。入院中は、医師、看護師、作業療法士、精神保健福祉士など多職種にわたったスタッフが心と体の回復のお手伝いをさせて頂きます。

統合失調症や、うつ、躁鬱(そううつ)病の急性症状を伴う方を主に診療いたします。

病棟の特色・特徴

ストレスケア・ユニット

この病床は、職場や家庭での人間関係、日常生活の中で生じる様々なストレスや葛藤を抱え、その為に、こころや身体の調子を崩された方々(うつ病、心身症、神経症などのストレスに関連した問題)が日常生活を離れ、ゆっくりと静養し、回復していただく場所、「ストレスケア病床」として考えております。

入院中は、医師、看護師、作業療法士、精神保健福祉士など多職種にわたったスタッフが心と体の回復のお手伝いをさせて頂きます。

※入院をご希望される方は、医療相談室までご相談ください。

リフレッシュ入院

ストレスを感じたら、休むのが一番です。しかし「良い休息・休養」をとることは意外に難しいもの、自己流では逆効果となることもあります。ストレスは溜め込まずに、短期間でリセットする時代です。心の状態は、体の健康と密接につながっています。
リフレッシュ入院をご活用ください。
 

環境調整

ストレス関連疾患では、病気の本質(根)が職場や家庭・家族など、その方が身を置く環境そのものに起因していることがよくあります。そうした場合、通院だけではストレスを取り除くことが難しいのも現実です。しかし、入院ならば環境調整が可能です。
 

個室(特別療養環境室)

ストレスケア病床では、皆様へより良好な入院環境を提供させていただくために、全室個室(特別療養環境室)をご用意させていただいております。
一定の要件をもとに「差額室料」の負担を求めることがございます。
※詳しくは入院会計窓口または、医療相談室までお問い合わせください。

精神科急性期治療病棟の作業療法の内容はこちら

施設マップ

精神科急性期治療病棟は本館3階になります。
全40床、うち6床ストレスケア・ユニット


入院のご相談・ご質問はお気軽にご連絡ください。
098-886-5567
受付時間:月〜金 8:30 – 17:30
— ご相談内容の秘密は厳守致します —