栄養科

栄養科のご案内

平成30年4月現在、管理栄養士4名、栄養士2名、栄養事務1名、調理師13名、調理員28名で構成されています。

栄養科の理念

「食べる事は命に続く道である」

患者さま・入所者様の栄養の管理を行い、且つ調理技術の合理的な発達を計り、共に患者さま・利用者様の疾病治療に貢献すること。

栄養科の基本方針

  1. 安全であること。
  2. 治療効果があること。
  3. 患者さま・利用者様に満足していただけること。

栄養科の目標

多職種協働で実施されている、患者さまの栄養管理目標を通して、美味しく栄養的な食事を衛生的に提供することを基本目標とする。

1.衛生管理の徹底

  • 厨房の衛生的な環境。
  • 食材の安全性。
  • 職員の自己衛生管理。

2.個別対応の栄養管理

  • 個々の栄養状態、病態、嚥下状態に合わせた食事の提供。
  • 食事摂取状態を確認し、栄養評価を行う。

3.サービスの徹底

  • 満足度の高い食事の考案・提供の努力。

各病棟の基本情報

栄養科職員数

管理栄養士4名、栄養士2名、栄養事務1名、調理師13名、調理員28名

栄養科場所

介護老人保健施設オリブ園地下1階

稼働時間

(調理部門):4:30 – 20:00
(事務部門):8:30 – 19:00(月~金)/ 9:00~18:00(土曜日・祝日)

提供施設

  • オリブ山病院(定員343床)
  • 介護老人保健施設オリブ園(定員81床)
  • オリブ園通所リハ(定員40名)
  • レストランマナ(テーブル数40席)

業務の特徴

  • 患者さまや入所者様、ご利用者様の栄養状態、生活の質の向上に対応した食事を提供し栄養管理を実施しています。
  • 入院・入所・通所・外来患者さま等の栄養相談や栄養教室を実施しています。
  • 地域支援「がんじゅう教室」にて、栄養教育や調理実習を実施しています。
  • NST回診を行っております。(毎週月曜日の12時、木曜日の12時)
  • 栄養管理委員会を実施して、葦の会に関わる食事提供の質の向上に努めています。
  • 新調理システムクックチルの導入に取り組んでいます。