理事長のご挨拶

理事長 田頭 真一社会医療法人葦の会は、1958年那覇市久米の地に精神科神経科たがみ医院として始まり、2018年創立60周年を迎えました。

これもひとえに神さまの恵みと地域における皆さまのご理解のゆえであると、心から感謝を申し上げます。この60年の歩みの中で、世の常ではありますが、良い時も苦しい時もありました。しかし、そのたびに、ご理解とご協力をいただき、神さまの憐みと恵みの中で支えられ、祝福されてきました。それを決して忘れず、未来に向かって踏み出し、これからも地域医療、介護、福祉の分野におきまして、皆さまが安心して住める街づくりに精一杯協力していきたいと願っております。

創立60周年を迎えての当法人のテーマは、「温故知新」〜創立の理念を胸に、踏み出そう「新たな一歩」〜といたしました。それは、これまでの伝統の価値を尊び、学び、理念を継承していくと同時に、激変していく現代社会の中で、新しい必要を知り、研鑚に励み、最善の業を行うことを目指しているからです。そして、次世代に引き継いで行くと言う役割を果たすことを願っています。

目の前には2025年問題があります。それは、日本の全人口の30%、3700万人が65歳以上と言う、超高齢社会です。すなわち、団塊の世代全員が75歳以上の後期高齢者となり、国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という、「超・超高齢社会」となります。その中で、住み慣れた地域で、老いも若きも安心して過ごせるために、皆さまから信頼される地域医療、介護、福祉の提供が不可欠です。そこで、葦の会も高齢者医療の専門性を活かし、委ねられた地域医療の役割を担って行く努力をしてまいります。

また、精神疾患の治療の分野において、高齢化に伴う認知症の増加や精神疾患の形態の変化に対応して、より良き対応と地域の必要に応えられるように一層の努力をしてまいります。

さらに、入院治療と在宅復帰・社会復帰への道のりを備えると同時に、「病気や障がいをかかえた人々とともに歩む」という長期療養の在り方にも全人的に応えていきます。

そのために、法人全体として、オリブ山病院、介護老人保健施設オリブ園、在宅総合ケアセンター、心療内科エステルクリニック、在宅医療支援センター、シャロンクリニック等が一体となって、利用者の皆様に必要な医療、介護、福祉を提供し、「易しい入院、優しい在院、易しい退院」を実現し、適切な入院治療、在宅復帰、社会復帰を進める支援体制を整えていきます。

キリスト教理念に基づき、からだとこころとたましいが一体である人に仕える医療と福祉をもって歩んで参りたいと願っております。これからも、皆さまのご理解、ご協力、ご鞭撻のほどをよろしくお願い申し上げます。

「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」 ヨハネ 3:16